FC2ブログ
恋のカタチ
Mだったり Sだったり・・・ いろんな私で いつも貴方に恋してる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋しくて
どうしようもなく淋しくなったり

ほかの誰かが羨ましくなったりすることもあるけど


いつも笑っていられるのは

自信があるから


私は

世界でいちばん

あなたのことが好きだって


誰にも負けない

強い気持ちがここにあるって


胸をはって言えるから



夢見る未来がなくたって平気

一緒に生きる今があるから
答え
状況は理解しているつもりなのに
会いたくて
甘えられる言葉がほしくて

淋しくて
淋しくて
心が折れそうになる

私なんかいらない?
もう女として見てもらえてない?
別れたいって言い出すのを待ってる?

傷口から溢れ出して
ぐるぐる
ぐるぐる
渦を巻く負の思考のスパイラル

「もういいよ」なんてつぶやいてみても
言葉とは裏腹に
どんどん
どんどん
胸が痛くなって
息さえうまくできなくなる

私はどうしたらいいの?

意味のない自問自答を繰り返してるうち
ふと気づいた


ちょっと待って

落ちつけ自分
私の心には何がある?

奥をのぞけば
自分さえ手出しできない場所に
強い想いがちゃんとある

好き
好き
大好き


ひとりじゃ生きられない
そんな女になるつもりはないけど

もし離れたら

時間がたてば
痛みを忘れられるなんて嘘

そんなことしたら
今よりもっともっと苦しい
泣いて泣いて
死ぬほど後悔する

だって
もう二度と会えないとしても
想い続けてしまうから

代わりの誰かなんて
愛さないから


たとえ会えなくても
“つながっている”と思える
今のままでいい

いつだって声が聞ける
何かあったら飛んでいくこともできる
そんな今以上に
何を望もう?

Noと言われるまでは
Yesなんだと信じる
私はここにいていいのだと

めそめそしないで
ちゃんと顔を上げて胸をはって

心をぴんと伸ばして
がんばる


好きなんだ
大好きなんだ

一方的すぎる想いかもしれないけど

笑ってるときも泣いてるときも怒ってるときも
最高のときも最悪のときも

そばにいたい
受けとめたい
ずっと味方だと伝えたい
毎日
逢えなくて淋しい?
と聞かれれば
答えはYes

でも
逢えないから嫌?
と聞かれれば
答えはNo

離れている時間や空間と
私の想いは関係ない

負け惜しみじゃなく
開き直ってるわけでもなく

愛してる

その想いに自信があるから
揺るがない

差し出してくれた手の温もりを
ただ信じてる


なにより
私は
自由に生きる彼が好き

自由に生きる私も
もっともっといい女になって
彼に愛されたい


大好き

私のそばには
いつも彼の存在があって

今日もまた
私は彼に恋をする
だって
えっちしたい

って言葉を選ぶと


あいたくて

あいたくて

我慢してた時間が 気持ちが

うすっぺらくなっちゃうような気がするんだもん
サカリ
私も動物だから

ときどきハツジョウするよ


でも

メスだから

強いオスしか

求めない



首筋に牙を立て

大地に押し伏せられ

その精を受けたいとヨクジョウするのは


この世で

ただ一匹のオスの匂いだけ
明日の記憶
もっと

もっと

私の中に

たくさん注ぎこんで



私の身体に

あなたの記憶が刻みこまれるように



時が巡り

もしも生まれ変わって

あなたも私も

違う人になったとしても


きっとあなたを見つけるから


きっとまた

あなたに恋をするから
贈り物
なにか欲しいものある?


ううん

私はもういっぱいもらってるよ

貴方から


大切なことを

たくさん


貴方がいるから

貴方に見ていてほしいから

私はこれからも

頑張るの


誕生日

おめでとう って言ってくれて

ありがとう
夏の夜
ひとりで花火を見ながら

もし
隣に彼がいたら
ゴロニャンとまとわりついてるだろうな
なんて
想像してみる

そう思って目を閉じると

腕の太さ
手のひらの温もり
その肌のなめらかさまで
はっきりと思い出せる

ああ こんなに憶えてるんだ

嬉しくなって
もっと記憶をたぐりよせてみる

頭のてっぺんから
足の先まで

肌の色
筋肉のつき方
古い傷跡

あんなとこも
こんなとこも

裸の彼を
ぜんぶ憶えてる

まるですぐそばに居るみたいに
ぜんぶ思い出せる


離れていても
ひとりぼっちじゃないねー

そのつぶやきに答えるように
夜空に浮かんだ大輪の花は
優しくキラキラと光りながら消えていく


レインボー花火、1月まで毎週土曜やってますよ
さみしい って
口に出して伝えたら
急にひとりぼっちじゃなくなった

離れている距離も時間も
一瞬で忘れさせてくれる
あなたの声

今を生きてる
私は
過去の貴方も
未来の貴方も知らないけれど

今の貴方を知っている

今の貴方を信じてる

他の誰とも違う
世界でたったひとりの
大切な人

今の貴方が 大好き
Snow Flower
もう3月なのに
窓の外の雨は
ほんとうに雪に変わったね

降る雪を一緒に見るのは
初めてだって知ってた?

最初の冬に
あなたがベッドで口ずさんだ歌みたいに
いつか一緒に雪を見たい って
ずっと思ってた

願っていたことが叶うのは
とても嬉しいのに
なんだか少し淋しくなる

きっと
はじめて は
一度しかないから

でも
また一緒に見られるよね

次も
その次も
ずっとずっと

たくさんの 一緒に を
あなたと重ねたい
ただ
ふかく

ふかく

繋がっていたい


1000回も

10000回も

キスをして
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。