FC2ブログ
恋のカタチ
Mだったり Sだったり・・・ いろんな私で いつも貴方に恋してる
読書が好き♪
Book3の発売を前に、
遅ればせながら
村上春樹さんの1Q84を読みました。

村上春樹さんの書く小説は
描写がとても繊細で緻密なので、
文字を追っていると
そのシーンが映像のように頭に浮かびます。

2冊を一気に読破したあとは、
まるで一本の長編映画を見終えたような
充足感でいっぱい♪

立場も状況も違うけれど、
主人公の女の子のこの言葉に、その想いに、
胸がきゅっと締めつけられました。


『一人でもいいから、
心から誰かを愛することができれば、
人生には救いがある。
たとえその人と一緒になることができなくても』
難儀
私の中には、

与えられる痛みや苦しみに耐えることでしか

存在を肯定できない私がいる。



心の奥底にある

自分では手を出すことのできない何かを、

この身体ごと

壊してほしいと願っているのだろうか。



被虐の快楽に溺れてしまえたら、

どんなにラクだろう、と思う。


でも、だからこそ

決してそこに逃げてはいけない、と思う。



これって・・・

負けず嫌いのせい?(笑)

テーマ:M女のつぶやき - ジャンル:アダルト

うたかた
彼の夢を見て目覚めた朝は
心に残る余韻が強すぎて
現実に戻るまで
時間がかかってしまう

白い朝日を浴びても
まだここがどこなのかわからない

今日が昨日の続きなのかさえ
わからなくなってしまう

ヒトリボッチ ハ サミシイ?

ぼんやり眺める空のどこかから
問いかける声がする

少し考えて
私は答える

ううん

ここは彼がいる世界だもの

たとえ声が聞けなくても
一緒にご飯を食べたり
同じベッドで眠ることが出来なくても

心から愛せる人に出会って
その人と同じ時間を生きている私は
それだけで間違いなく
世界でいちばん幸せなの